メルマガの登録はこちらのコピー (2)
7aeb6abd73228e67da8f15ecdbb2e230
[subscriber:firstname | default:Subscriber]さん
こんにちは。

「あなたのかかりをしようよ! 自分と周りを幸せに出来るよ」
を伝える、
あり方を発見5歳児
『ばなな』でございます。



相談シリーズの三弾です
何かありましたら遠慮無くばななを使ってください。




『うちの子、宿題しないんです、
言ったことやらないんです」


このご相談に対して
ぼくが必ず言うフレーズがあります。




「いいえ、必ず宿題をこなしています」
というと
「そんなことありません」
って答えます。



なのでこう言います

「宿題をやらない、という宿題をやってます」

「言ったことをやらない、という課題を

 こなしています」


びっくりしますが、こう言います

「ああ、たしかに」



こういう相談をされる相談者(お母さん)には二つの因子があります。



①課題や宿題に対して「ちゃんとしないと」
  と言う気持ちが強い方



そしてこちらが大事
②誰かに
 宿題や課題をやるようにたくさん言われた過去がある方。





先日、娘がだらだらしてて
言ったことをやらないっていう相談を受けました




話を聞いていくと
未だにその方の母親が
言ったことをやらないと
相談者に怒るようで、
「それがウザい」
って言ってるんです。




娘に同じ事をしてますね
御自身こそ
「やらない」っていう宿題をしてますね
ってお伝えしました。




そもそも宿題とか課題って
自分の成長にとって補助的な役割を果たします。
悪いものではありません。

なので本来、自分が必要なときに自分に課すのですが
その前に「やりなさい」
って言われ、反発している状態です。




したがって宿題をしないのは
その課題が必要ない
または
課題を終えて成長することに対して抵抗がある
かのいずれかです。



 後者の代表的な台詞は
「やれって言わなければやるのに」
これって甘えたいんですね、母親に。




相談している方がお母さんにむかつくのは
おそらく後者だと思います。



相談された方は
お母さんに「やりなさい」と言われる前に
お母さんに言いたいことがある



・甘えたい
・手伝ってもらいたい
・やりたくないことをわかって欲しい
・自分のタイミングやペースを尊重して欲しい
・もっと愛して欲しい
それが何なのかの知ることが課題なんですね。



お母さんに「やれ」って言われても
腹が立たなくなったとき
その宿題を終えています。




対処法としては
①お母さんが「何の課題をやってないんだろう」
 と自問すること
 特に抵抗している自分が母親に言いたいことをさぐること

②お母さん(親)がその課題を先に終わらせる。


よくわからないときは
どうぞばななを使って下のセッションやってみてください。
親子でまとめて解決できます





『みなさんから3,4年生のお子さんに
 一生モノの褒め言葉をプレゼント』





小学校3,4年生(9、10歳)ってどんなイメージがありますか。

この時期にみなさんがかけてあげる言葉が
後に子どもの人生のピンチを救い
人生を支える言葉となるとしたら、どう思いますか。

ばななは、小学校の先生として
たくさんの子ども達と接してきました。

その中でも
3、4年生がもっとも伸びやかだな、子どもらしいな、
って思っていました。


この時期に親から自分らしさを認める言葉やはげましがあると
自信になったり
将来、自分がくじけそうになったときの励みになったりするのです。


「思ってた息子と全然違った!!!でも納得!!」
「私の気持ちが変わって、
 彼女とこんなステキな時間になった。」
「これ受けれらる人はだいぶラッキー」
「ばななさんの言葉を私なりにかけたら
 どんなに素晴らしいだろうと感じました」
(感想より)

ばななからの3つ、15分くらいの質問とやりとりで、
お子さんの秘めた特性や本質をお伝えするセッション。
その気づきからお子さんへの接し方がわかり
かける言葉がかわります。

かけられると嬉しい本質的な言葉
かけるとキレるNGな言葉を
今回サービスさせてください。



お母さんなりに付け加えて
素敵な言葉のプレゼントをしてください。
きっと逆境のときに
その言葉がお子さんを支えるでしょう。


お子さんについて育てにくさや抱えている問題がありましたら
遠慮無く伝えてください。
お子さんの本質や特性に沿った関わり方をお伝えします。


幼稚園年長〜中学2年生くらいまで対象ですが、
小学校3、4年生が一番のオススメです。
小学校3、4年生のうちに、是非ご体験ください。

その子のもつ、その子にしかない素晴らしい特性や本質を、
そのご家族やお母さんに伝えさせてください。
皆さんからの言葉はお子さんにとっての最高のプレゼントになるはずです。

〈対象〉幼稚園年長〜中学2年生くらいまでの親子
〈時間〉45分~60分
    15分くらいお子さんとやりとりの後、
質問は3つ、簡単なモノです。
    親御さんとのやりとりをします。
〈料金〉8,000円
〈希望日〉お子さんと過ごせる時間を第3希望まで連絡ください

お申し込みはこちらに
https://yokayoka-gakuin.stores.jp/items/5e902538e20b044c2831dd81







素敵な一日を
byばなな


◆ばななせんせいとよかよか学院ホームページ
https://yokayoka-gakuin.com/

◆ばななせんせいのブログ「ばななのかんづめ」
https://ameblo.jp/kobanakun/

website facebook twitter 

No.2115


MailPoet