オンライン 「自分科」○△□ワーク

オンライン

オンライン 「自分科」○△□ワーク
7月
12
2020年07月12日(日) 10:30 AM ~ 12:00 PM

【日時】

2020年07月12日(日)10:30〜12:00

【会場】

オンラインアプリZOOM《ばなな放送局有料ルーム》

※お申込み後にルームIDをメールにて連絡いたします。ZOOMの使い方は下記を参考にしてください。

【参加費】

2,000円
*ばなな放送局会員は1,000円
*学校や職場で広めてくれる方1,000円→事前レクチャーあります。

《支払い方法》

銀行振込

【お申込み】

下記お問合せフォームよりお申込みください

お問い合わせ
お問い合わせフォームのご案内お問い合わせはこちら※「@yokayoka-gakuin.com」からのメールが受け取れる様、受信設定をお願いいたします。

※件名「7/12自分科」とお書きください

【詳細】


「自分ってどんな人?
あなたってどんな人?」
自分らしさと相手らしさを知って
仲良くなろう!!

こんにちはばななです。
みなさんと「〇△□の物語」というワークをやりたくって
この文章を書いています。

ぼくは担任になった子供たちに初めてであった日
この紙を渡します。
「見えたまま描いてください」

のびのび描く子もいれば
様子見して描かない子もいる
でもそのまま壁に貼っておくんです。

すると作品が勝手に自己紹介を始める。
いじめていた子が相手に謝ったり
水と油の関係だった子が仲良くなったりしていた

なぜだろうって思っていました。
それは、
自分の見ている世界が「見える化」され
さらに周りから承認されるんです。

そんな不思議な絵を一緒に描いてみませんか。

わたしらしさ
コミュケーションのくせ
わたしの世界、大切にしているものがわかります。

同時に他者との違いや他者の良さもわかり
対人理解が自然にできます。

1000人近い子供たち保護者に実践したのと同時に
コミュニケーションの場や保育園の研修でも実践してきたワークです。

ぜひ体験してください。
画力は全く問いません

◆◇このワークで気づくこと◇◆

1.自分が見ている世界がわかり、今までの行動が腑に落ち、自分を愛おしく感じます。

2.相手の見ている世界を知り、共感や違いがわかり、むやみに相手を批判しなくなります。

3.教室や場が多様な見方で成り立っていることやそれぞれの見方を尊重することで仲良くなれることを感覚的に理解できます。



タイトルとURLをコピーしました