ばななせんせいとよかよか学院

スピーチ学院感想

昨日、スピーチ学院2期第2回目の講座でした。 

笑いが絶えない講座、なんだけど、
それだけじゃなかった

私がこれまで話していたことも、これから話したいこと、これから話していくことも、すべてのベースは「好きの中の嫌いと嫌いの中の好きを見るのが好き」というものがはっきりして、「カツオくんはどうして怒られる?」というテーマから「新しい切り口の発見」をしていたんだということに、これまでも、そしてこれからもしていく、ということに気がついた。

自分が話すことの輪郭がはっきりした、ということなんだな。

そして私ってどうやら「嫌いなことも楽しそうに話す」ということらしい。

これって大きな強みだな。

私はこれから、長年敵だと思っていた場所に、いやいや敵じゃなかったっすねー

てへぺろー

とサラッと伝える機会も増えそうなので、今回この講座を受けてみて、ナイスタイミングでしたの。

何か伝えたいことがあるんだけど、なんだかわからないけど言葉が出てこない、私って何が言いたいんだろう?そんな人におすすめの講座です。

いや、別に伝えたいことがなくてもいいの。

ばななさんの講座、これに限らずいろんなことをやってくださっているのですが、純粋に自分は何がやりたいのかわからない、私ってなんの取り柄もないふつーの人。そんな方たちにもさらっと受けてみてほしいです。

新しい自分の発見、さらっとしちゃうよ。

自分でも気付いていなかった、伝えたがっていることを気付かせていただきました。
自分が直したいと思っていた事が逆にそこがあるからいい!と。
緊張しいの私が自分らしく話す楽しさを教えていただきました。
皆んなでたくさん笑ったり、泣いたり楽しく学べました。

みんなの前で話すのは緊張するし、頭真っ白になるし、
言葉もうまくまとまらずで…そういう自分だからこそ、自分が感じた事を声を出して「伝える」事について、「話す」ことについて、学んでみたかった。それで、スピーチ学院の受講を決めました。

本当に苦手だったけど、みんなの前で「話す」に沢山チャレンジさせてもらえ、そして、みんなに「話を聞いてもらう」を体験させてもらいました。
そして、発見。
ただ、聞いてもらう事が嬉しかった。私、自分の気持ち聞いて欲しかったんだなー。

そして、みんなの話を聞くのがとても面白かった。
みんなのあり方が見えるから。
それぞれが、話の中心に自分の伝えたい事を持っていて、
どんなお題を振られても、その人のあり方から話してる。
そして、同じテーマで1人ずつ話すと、みんなあり方が違うから、みんな違う切り口で様々な視点でお話が展開される。その違いが最高だった!

自分のあり方をばなな先生やみんなからのフィードバックで知ることができて、私自身が大事にしている事を再確認させてもらう事ができました。

とても楽しい時間でした!
沢山の気づきと体験ありがとうございました(^ ^)

 

伝えたい、話したい。そう思ってない人にもかなりオススメです。

毎回お題があり、それについて自分の言葉で話すことをやっていくんですけど、何を話そう?と自分に問う時間になっているから、すごく自分に集中して、自分の中から言葉を出していくんですよ。

私はこの自分の中から言葉が出る事がとても楽しくて。

探っている間に最初は、自分ではなく誰かのうけうりのような言葉が浮かぶ時もあるんです。

でもそれもそのまま出していく。

するとスピーチ学園講師ばななさんがあなたらしさをビビッと感じで伝えてくれます。

あなたの持ち味、あなたの芯の部分、あなたが人生で伝えていきたいこと。。。

これがクリアになると、それはそれは満たされる。

不思議と自分がより愛しくなる。

言葉足らずに感じますが、私がスピーチ学園を受けて感じたことは以上です。

自分が何を持ち生きているのか、それがわかる時間になりますよー!