ばななせんせいとよかよか学院

ばななさん曰く。ばななモード学院は『出来栄えなんかどうでもよくただプロセスを知って自分のモードに気づく場所です』

3回受けるのですが、先日の第1回目は
「作家モードの自分に気がつく」
ということで、写真から俳句を作ってみたり、参加者共通の知っているお話から、それが何を伝えたいか答えてみたり、自分で作文をじっくり考えてみたり。

濃い3時間。
これまたあっという間だったけど。

私は無意識にやっていた好きなことが、こうやって無意識でなく、実はきちんとそこに意識してやっていた、ということに気がついて。

私の表現方法は、見えない感覚を形にしていた、ということでした。

そーなのそーなの。
思わず膝を叩いちゃったけど。
そういうことだったんだなぁ

前回、スピーチ学院というワークにも参加していたのだけれど。

ばななさんのワークって、
自分が無意識にやっていたことを、
きちんと目に見える言葉に変えてくれて、
それが圧倒的な自分の説得力につながるんだな。

それがいいとか悪いとか、
そんなことはまったくなくて。

私、ついつい自分がやったことに対して
ダメ出ししちゃっていたんだけど。

それは参加された皆さんも一緒で、
自分に自分でダメ出ししちゃう。
そんな参加者さんをみていると、
えーそんなことないよ?
それ、ステキなところだよ?
そうにしか思えなくて。

そこから、ふと、あれ?
もしかして自分もそんなことないのか?!

って、ばななさんのコメントや
他の参加者さんの言葉を
素直に受け取ることにして。

どんな話し方でも、どんな書き方でも、
ちゃんとそこに私はいるんだなぁ。

それがよくわかるワークなのでした

よかったらほんと、
なんでもいいのでばななさんのワークを
体験してみていただけると
この意味がもっとわかる気がします

ほんと、すごいの!
ばななマジック!それに尽きるわ

さて。
次回のモード学院は…絵を描くそうな
そしてその次は歌うそうな

上手いとか下手とかそんなこと関係なくて、どんな方向から自分を見てみても、表現するベースは何も変わらない、ということを実証するという時間。

うふふ。
楽しみだなぁ

私がいろんな方向から、一つ一つの形をなして私という1人の人間になる。
そう。
まさに私のプロセスなんだな。

それがわかるんだもの。
でもって、すんばらしい説得力になるの。
自分をこんな風に圧倒的に説得できる。

あーすんばらしい

そしてそれを噛み砕いて声に出してみると
ベースはみんな一緒だから、届く。

うひゃひゃ。
すごい人に出会えたわ