よかよか学院

よかよか学院は、自己承認・自己表現・自他共存を体験する場所です。
キーワードは「子ども心」。
自分の中の子どもの感性を最大限に発揮し、自分らしい人生を想像して、実現するきっかけづくりをします。

「自分科部」

「自分科部」

「よかよか公認自分科講師」が自分科のワークを行っています。

現在「よかよか公認自分科講師」による講座を行っております。
スケジュールはこちらからご確認ください。

「自分科」

「自分科」

見たものを見たままに感じたものを感じたままに

自分科とは
ばななが教室で子ども達と20年近く行ってきた実践。
見たものを見たままに
感じたものを感じたままに
そのままアウトプットすることで自分の「視点」に気づく時間です。複数の子ども達(参加者)と同じ事をするので
それぞれの違いと共通項がわかります。
これをすると

自分を好きになります
他人と仲良くなります
自分の表現ができます

これを縦にしたり横にしたりななめにしたりして。。。
ぱっ、と見えた絵を描くと

同じ紙でもまったく違う絵になります。
ぼくらはみんな違うところを見ています。
だからこそその見えた世界を人に伝え、共有すると仲良くなれるのです。
自分科とは 世界平和 を目指す科目です

「かかりの時間」

「かかりの時間」

生き生きとしていた小学3、4年生の頃の自分を再評価して日常に反映させる講座

かかりとは
小学校3、4年生の感性や自己表現。
このころ
①自然にやっていたこと
②楽しくって仕方なかったこと
③まわりから「らしい」っていわれたこと。
これらは「あり方」とも呼ばれ、自分と周りを幸せにしてしまう魔法のアイテムなのです。
母性的なものに存在を認められて、父性的なもののエールを受けて かかりは はじまり、いつでも、どんな場所でも、どんな役割でもそのかかりができるのです。