メルマガの登録はこちらのコピー (2)
眼力のコピーのコピー (1)
364177093_613774957539429_2661634259556108019_n
363395796_136356536174300_8636445084631244653_n
[subscriber:firstname | default:Subscriber]さん
こんにちは。

「あなたのかかり(あり方)が自分と周りを幸せに出来るよ」
と日本中に伝える、
みなさんのあり方を発見しちゃう感性5歳児
『ばなな』でございます。
[subscriber:firstname | default:Subscriber]さん、あのね……
明日は都内に行きます



夏休みあるあるでしょうが
こんなニュースに遭遇しました
https://news.yahoo.co.jp/articles/a1ca18400d332ed5f1f84aca9eabd281f0050091



前回もお知らせした
夏休みに子どもの食事を用意するのが面倒くさい
という話題です。




じつは、食事にまつわる二つの誤解があります




誤解1.
お子さんは何を作ったかは大事ではなく
「作り手の意識を大切にしている」
作り手の意識やエネルギーこそ栄養




誤解2.
お子さんは自分の生命維持(大人になる)のために
必要なものを選び取る能力が大人より遙かに高い






今日はそれについてお話ししていきますね



誤解1
マクロビをやっているお母さんのお子さんが
「好きな食べ物? マック」
って言っていました(^^)




どうして? って聞くと
「お母さん、ほっとしてて楽しそうだから」



そのお母さん自身も
子ども達がおいしそうに食べているのを見ると
(自分は食べないけれど)ほっとするそうです。




子ども達は
母さんが料理を楽しんでやっているのか
苦しそうにやっているのかがわかるそうです。




お母さんにとってつまらないんだったら
作らない方がいいのです。



で、おすすめなのは
「それぞれにある
 料理したくなる儀式をして
 それでもやりたくなければ
 やらない」
といいです。

人によっては冷蔵庫をあけたとん
作りたいものが決まるとか
食材を全部並べたらスイッチが入るなど言います



個々にあるそうした『儀式」のような
スイッチの入るタイミングで
やりたくなくなったらやめらいいのでは?



誤解2
子どもが酢の物に苦手を感じる子が多いのは
大人には必要でも子どもにとって酢は成長にあまり必要ないようです。




子どもは自分という個体がどういう風になりたいのか知っているので
必要な食べ物を本能的に見つけるそうです。

たしかにぼくだけ食あたりして
ふたりの子どもは大丈夫なときがありました。



お母さんがいやいややっていることを知っている
本能的に必要な食べ物を知っている



だったら無理しなくってもいいんです。



ということで
子どもはみなさんと過ごす時間が好きなので
そこにこだわらない方が良いです(^^)
2度と来ない2023の夏を大切に(^^)



セッション祭りしています(^^)
◆ばなな先生&ミセスばななの眼力子育て相談
https://yokayoka-gakuin.stores.jp/items/642fa1ae8fb59e002aed4215

◆新 不登校の子のための才能発見セッション
https://yokayoka-gakuin.stores.jp/items/637202f8ba62e00a4990833a

◆新 ばなな先生の才能応援セッション
https://yokayoka-gakuin.stores.jp/items/64c733f873ce6e00321e7895
以上の3つのセッションが全て10%OFF‼️で受けられます!※9/7まで






素敵な一日を
byばなな
website facebook twitter 
◆ばななせんせいとよかよか学院ホームページ
https://yokayoka-gakuin.com/
◆よかよか学院公式LINE
https://line.me/R/ti/p/%40705phaod
◆ばななせんせいのブログ「ばななのかんづめ」
https://ameblo.jp/kobanakun/

No.2765

MailPoet