メルマガの登録はこちらのコピー (2)
IMG_6409
サムネ
[subscriber:firstname | default:Subscriber]さん
こんにちは。

「あなたのかかりをしようよ! 自分と周りを幸せに出来るよ」
を伝える、
あり方を発見5歳児
『ばなな』でございます。




たわいのない話です。




お話し会で、
「小学校3、4年生のあなたがあなたの本質ですよ」
というと、




多くの参加者が上の方に目をやって、
自身の「3、4年生はどうだっただろうか」
と考えてくれます。




嬉しいですね。




その中には
「親はひどいお母さんだった」
と泣き出す方もいらっしゃいます。




でもね、実際のことは分かりません。




なぜなら自分の方でそう見えても
必ずしも関係者の話を照らし合わせると
ちょっと解釈が違っていること、って多数あるからです。




以前、個人セッションをしていて
「3、4年生の頃、とにかく母親に否定された」
という方がいました。




明るい方でした。
その明るさが鼻につく
みたいに言われたらしいんです。



でちょっと気になったので、
「勇気がいるんですが、ご存命なら
本人に聞いてみたらどうでしょうか」
って提案しました。



でこの方、大変誠実な方でして、
すぐに聞いてくれたんですよ。
しかもわざわざ出向いて。



そうしたら、お母さん、なんて言ったと思いますか?
「オマエの明るさで私は救われた」
っていうんです。



聞くと、実家がものすごく大変だったらしく、



久々に話したこともあり、
新解釈
知らないことがじゃんじゃん。



本人、ショックで。




だって、今までそれをてこに頑張ってきたわけです。



「このクソ婆ぁぁぁ」って。
それが根底から覆され、
しかも自分が曲がりなりにも
大変だった実家を支え、
それを全く知らずにババア扱いしていたと。



単なる自分の話の聞き方に過ぎなかったわけです。



「よかったですね」
連絡くれたので返事しました。



だって、お母さんが「鬼」または「毒」になってくれたから
今の自分がいるわけですからね。



「これからどうするんですか」



ぼくが聞いたら
「そうなんです。どうしましょう」
その方、今までの出来事が一気にひっくり返されたような気がして
泣けてきたそうです。



これからのその方の人生がより色濃くなるんでしょうね。





ものは考えようですね。



あなたが嫌っている人や出来事を
反対から見てみるっていうのも
おもしろいものです(^_^)




そんな新事実を求めて
今日も邑楽でしゃべってきます(^_^)




素敵な一日を
byばなな


◆ばななせんせいとよかよか学院ホームページ
https://yokayoka-gakuin.com//

◆ばななせんせいのブログ「ばななのかんづめ」
https://ameblo.jp/kobanakun/

website facebook twitter 

No.2160 


MailPoet