メルマガの登録はこちらのコピー (2)
IMG_6694
[subscriber:firstname | default:Subscriber]さん
こんにちは。

「あなたのかかりをしようよ! 自分と周りを幸せに出来るよ」
を伝える、
あり方を発見5歳児
『ばなな』でございます。



「子育て個人セッションの感想から」

不登校の娘たちへの対応に自信を無くしていたこともあり
自分でも信じられないくらい直ぐに連絡をしました。

決断まで時間のかかる私ですが
たまにスピードが出るときがあります。
この時も・・・
一昨日、セッションを受けました。

ばなな先生は私が3年~4年生の話を聴いてくださいました。
書きだしてみると客観的に見ることができます。

「私こんな子だったんだ」

頑張っている私、悪い私、苦しい私、自信が持てた私、友達が増えた私
忘れていた記憶が蘇り、
ばなな先生の言葉でわたしの「あり方」が
見えてきました。

ありのままの私はここにいたんだ
そんな感覚でした。

ありのままの私は
天真爛漫でユーモアがあって表現が豊か
このままでいていいんだ

最後に不登校になった娘二人からのメッセージを頂きました。

「自由になりな」

はい。なります。

忘れちゃいけない・・
『○△□の物語』で家族一人一人が絵を描いたのですが
主人は(長女も)間近で人を見ている事がわかりました。


好みは直球、単刀直入が好きだそうで。
わまりくどいとわからないらしい。
そして人の言葉を聞かない。。。わかる。。。

好きと伝えます。

心が軽くなってルンルンします。
ばなな先生ありがとうございました。



今年の夏もそんなお手伝いをしたいです(*^O^*)
セッションメニューはこちら(^_^)
https://yokayoka-gakuin.stores.jp/






ふとうこう、というとカウンセリング、というイメージがありませんか。



じつは、現場に勤めて、とっても不思議だったんです。
だって突然、心理療法をやり、カウンセラーに相談をする、
っていう形になるんです。
そのときに「ふとうこう、って病気なんかい?」って思ったのです。

ちょっと調べてみたら、最初にふとうこうに関わったのが
アメリカの精神科医だったんです。
「不登校」という言葉も日本の精神科医がつけました。


よーく考えてください。
行かない、っていうだけでしょ(*^O^*)
この場だけでも「脱病気宣言」していきませんか。


アメリカのふとうこうの語源は
「壁の前に立ちすくんでひるむ」
というニュアンスの言葉で定義したそうです。

「その壁、よけてもいいし、後で登りたくなったら登れば良いんじゃない?」
だれかがそういってあげれば
「不登校」という言葉は生まれなかったのかもしれません。


文科省の不登校に関する明文化された視点です。
これを読むと、ふとうこうをどうとらえ、何を問題にしているのかが分かります。
一つの視点として「ふーん」と思ってみてくれると嬉しいです(*^O^*)

不登校の解決の目標は,
児童生徒の将来的な社会的自立に向けて支援することであること。

したがって,不登校を「心の問題」としてのみとらえるのではなく,
「進路の問題」としてとらえ,
本人の進路形成に資するような指導・相談や学習支援・情報提供等の対応をする必要があること。

不登校は人生の回り道です。
その経験があるから豊かになれると
ぼくは信じています。




素敵な一日を
byばなな


◆ばななせんせいとよかよか学院ホームページ
https://yokayoka-gakuin.com//

◆ばななせんせいのブログ「ばななのかんづめ」
https://ameblo.jp/kobanakun/

website facebook twitter 

No.2163 


MailPoet