メルマガの登録はこちらのコピー (2)
214287422_1442924626042889_3550976399004362827_n_LI
[subscriber:firstname | default:Subscriber]さん
こんにちは。

「あなたのかかりをしようよ! 自分と周りを幸せに出来るよ」
を伝える、
あり方を発見5歳児
『ばなな』でございます。



怒ることって本当にいけないのかなぁ……。
この動画をよかったらご覧ください
https://www.youtube.com/watch?v=xTuU4vOZOV4&t=618s



ここにあるのは
「親が怒ってはいけない」
「子どもは弱者なのに
 キレてはいけない」
『怒るのは人間として未熟」
という『怒り否定論』です。




でもその前に
よーく考えてほしいのですが




親御さんが
子どもを産んだとき、
怒らない親でいられるような
トレーニングを
ぼくらは誰かから受けてきたでしょうか。




そもそも
怒りって
「分かって欲しい気持ちの屈折系」
です。



その
分かって欲しい
を他人に伝えるトレーニングを
小学校でしてきたでしょうか

自分の
分かって欲しいを伝える前に
「わかりましたか?」
のオンパレード



自分の気持ちさえ分からなくなったと思います。



実際、子どもが生まれたとき
ともちゃんが大変で





でもそのともちゃんに
ぼくは自分の仕事の大変さも伝えたくって




相手の大変さも自分の大変さもわかるけど
自分の「分かって欲しい」が勝ったとき
怒ったりすねたりしていました




思いっきり後悔しました。
でも、正直言うとそれしかできないんです。




それを男性だから
お母さんだから
って割り切っていいのでしょうか。




親になったら物わかりよくなれって、
みんなお母さんになりたがりませんよね。





お母さんが我が子に怒ること云々を話し合う前に
日本は「怒る」っていうことを
素直に出せる風土かな?





お母さんの学校
いよいよ金曜日開校です
チラシの通りです
遊びに来てください



あっ、こんなんもあります
https://yokayoka-gakuin.com/events/oyakodearisuku20210816






素敵な一日を
byばなな


◆ばななせんせいとよかよか学院ホームページ
https://yokayoka-gakuin.com//

◆ばななせんせいのブログ「ばななのかんづめ」
https://ameblo.jp/kobanakun/

website facebook twitter 

No.2164 


MailPoet