メルマガの登録はこちらのコピー (2)
②ペイフォワードお話会サムネ
パートナーシップ学院説明会サムネ
[subscriber:firstname | default:Subscriber]さん
こんにちは。

「あなたのかかりをしようよ! 自分と周りを幸せに出来るよ」
を伝える、
あり方を発見5歳児
『ばなな』でございます。


今、パートナーシップ学院というものを企画しています。



学校で起こる子どもの問題は
元をたどると、ほぼパートナーシップの問題に行きついてしまいます。




問題行動は夫婦のためにやっているのか、と思うほどです。



イベントをしていて
旦那さんのことで寄せられる相談があります。





そのベスト3




3位  さわってくる 求められるのが面倒



2位  しゃべらない  わたしが話したいときに聴いてもらえない



1位  とにかく反対される





今回もそれぞれの話をしたいと思います。




しゃべらない  わたしが話したいときに聴いてもらえない



そもそもお話を聞いていると

かつて旦那さんがしゃべらずに
自分の話を聞いてくれるのが好きだった
と言っています(^_^)



あるいは、
話を聞かず、なんでもガンガン決めていくところが好きだった
と言っています(^_^)



つまり昔はそういう所が好きだったわけです。




つまりそもそもの旦那さんを無視して
旦那さんのキャラ変を要求しているわけです





年月と共に役割が変わるのは仕方ないとして
男性側からすると
「それがいい」って言ったじゃんってすねるんですね。




例えばぼくの場合
「よくしゃべる」のが好き 結婚する前
  ↓
しゃべりまくって「うるさーい」 子どもが出来たとき
  ↓
2人しかいないので「しゃべっていない」どこにいるのかわからない 子どもが育ってしまってから 



そのとき大事なのは2点




①そもそも旦那さんのそこが好きだったとふまえつつ

②旦那さんに少しずつキャラ変を要求する




元々の素敵なところを踏まえた提案って
旦那さんとっても喜びます

よかったらやってみてください








そんなパートナーシップの無料お話会

https://yokayoka-gakuin.com/events/payforward20211031






パートナーシップの講座をはじめます
その説明会です
https://yokayoka-gakuin.com/events/partnership20211031










素敵な一日を
byばなな


◆ばななせんせいとよかよか学院ホームページ
https://yokayoka-gakuin.com/

◆ばななせんせいのブログ「ばななのかんづめ」
https://ameblo.jp/kobanakun/

website facebook twitter 

No.2140


MailPoet