メルマガの登録はこちらのコピー (2)
かかりばななサムネ
パートナーシップ学院説明会サムネ
②ペイフォワードお話会サムネ
[subscriber:firstname | default:Subscriber]さん
こんにちは。

「あなたのかかりをしようよ! 自分と周りを幸せに出来るよ」
を伝える、
あり方を発見5歳児
『ばなな』でございます。


今、パートナーシップ学院というものを企画しています。



学校で起こる子どもの問題は
元をたどると、ほぼパートナーシップの問題に行きついてしまいます。




問題行動は夫婦のためにやっているのか、と思うほどです。



イベントをしていて
旦那さんのことで寄せられる相談があります。





そのベスト3




3位  さわってくる 求められるのが面倒



2位  しゃべらない  わたしが話したいときに聴いてもらえない



1位  とにかく反対される







で、今回もそれぞれの話をしたいと思います。





さわってくる 求められるのが面倒




旦那さんの匂いが嫌だと言う方もいらっしゃいました。
また、何年もレスっていう方もいらっしゃいました。




でもこれ、本当にふしぎなんですが
御自身のことを愛おしく感じると変わってきます。




前述の方々も
匂いが全く気にならなくなった
求められても応じられるようになったといいます。




なぜでしょう。




だんなさんやパートナーは
皆さんの男性性を一番表現している方です。




ぼくらは男性であろうと女の子の部分があり
女性であろうと何割かは男性の部分があります。




女性の中にある男性の部分。
それが男性性であり




この世界は一人で二人を表現できないので
一番身近な男性(旦那さん、パートナー、父親など)が
皆さんの男の子の部分を表現してくれています。




ちなみに小学校3,4年生が
もっともその両性のバランスがよく
その頃の異性との関わり方が理想的です。




したがって
一番身近な男性を否定しているということは

自分の中の男の子を否定しているんです。
具体的には
『決める』『行動する』『選び取る』『粘り強く取り組む』
といったあたりに自信が無いか

旦那さんの表現に不満があるか
といったあたりを観ていくと面白いです。

匂いが気になる→自分から発するものが気になる
ふれられるのが嫌→自分の中の何かにふれられるのが嫌




そのとき大事なのは2点




①男性性の役割『決める』『行動する』『選び取る』『粘り強く取り組む』
 といったあたりを頑張りすぎていないか観る

②旦那さんが『決める』『行動する』『選び取る』『粘り強く取り組む』
 といったあたりを頑張っていることを認め、再評価する




旦那さんが誰のために、何のために頑張っているのか



それが奥さんのためだと分かると
また違った流れになっていきます。



よかったらやってみてください








そんなパートナーシップの無料お話会

https://yokayoka-gakuin.com/events/payforward20211031






パートナーシップの講座をはじめます
その説明会です
https://yokayoka-gakuin.com/events/partnership20211031





そして大切な自分の世界に気づく
『かかりの時間」
パートナーシップのヒントにもなります
https://yokayoka-gakuin.com/events/bananakakari20211031




素敵な一日を
byばなな


◆ばななせんせいとよかよか学院ホームページ
https://yokayoka-gakuin.com/

◆ばななせんせいのブログ「ばななのかんづめ」
https://ameblo.jp/kobanakun/

website facebook twitter 

No.2141


MailPoet