メルマガの登録はこちらのコピー (2)
ありスクサムネ
233080968_528834228388613_3609382825500379971_n
[subscriber:firstname | default:Subscriber]さん
こんにちは。

「あなたのかかりをしようよ! 自分と周りを幸せに出来るよ」
を伝える、
あり方を発見5歳児
『ばなな』でございます。


魚屋さんは魚を売っています。
大工さんは建てた家やつくった空間を。
英会話教室の先生は英語の知識を売っています。

ばななは何を売っているのか?
ここのところずっと悩んでいました。

そもそも
子どもたちの才能ってすごいよ
無駄な子、ダメな子、一人もいないよ。
空間の中で全て調和している



そしてそのお母さんは
その才能の「おおもと」として
存在しているだけで素晴らしい



っていうことを
伝えたくってこの活動を始めました。

当初ぼくは「知恵」を売っている
と思いました。



でもそれは
「空気」を売ることににていました。
あまりにも当たり前すぎだったのです。



特に
自分のやっている「あり方スクール」
はわかりにくいと言われ
何を売っているんだってぐるぐるしました。
https://yokayoka-gakuin.com/events/arisuku202110



「知恵」なのか「知識」なのか
左右に揺れる振り子のように思考は揺れ



そのブレはセールスに確実にあらわれていて
募集しても0だったり
少人数のありスクが続きました。



ありスクって何だろう?
ってわからなくなり



本当にやめようかと思ったとき
以前のあリスクでこんなことがあったことを思い出しました。



~回顧~

初日の『かかりの時間』で
みんなのことをカードで占いだした参加者がいました。



カードは悪いことではないので
しばらく様子を見ていたんですが



参加した人に
『カードはこう言ってる」
「このカードによると」
って言ってるのが気になったんです。



子ども達とかかりの時間をしていても
占いみたいなことをする子はいます。



吉とか凶とかつくってやっても
最終的にはみんなに
「大丈夫」
「大丈夫」
って言いまくり





こう悟ります
「ぼくが大丈夫って言えば占いなんていらない」





この子は
自身が自分の言葉が最強の占いであることに気づくのです



なのでその話をして
「~さんはすごいヒーラーだから
 カードを使わずに直接おりてきた言葉を伝えたら」
ってやってもらったら





あきらかにぶすっとして
次から場所には来るんだけれど
ぼくの話はほぼ聞かなくなりました。





かげで、ご学友に
「自分はばななよりすごいんだ」
「ばななは何も分かってない」
っていっていたようなので



はっきりと
「小学生の時、先生みたいな大人に自分のすごさを伝えたかったんだね」
って言いました。



結局、あーしたら行く、こーしたら行く
って駄々こねたんで
「ここはこういう場所だから無理しなくっていいよ」
っていいました。

結局具合が悪くなり、来られなくなりました。





ぼくらは言葉で人を癒やします。



ひいたカードが人を癒やすのではなく
人と向かい合ったときに発する
自他同一感
「絶対大丈夫」っていう思いが人を癒やすんですね





その方はたぶんカードで活動していくんだと思います。



そのために小学校の頃に経験したかったけどできなかった
大人になってもくすぶっていた

「先生の言うことなんか聞かない」
「先生よりすごいんだ」
ってすねを体験したかったんだと思います。



さんざんすねたら
その方は立派なヒーラーになっていくんだろうなって思っています。

そしてぼくもまた
その方に「ありスクのプロ」にさせてもらっているんだと思いました。



これを思い出してから
ぼくは「嫌われても」それを言い切る
という覚悟が足りなかったことに反省しました。




あるいは
その人がいつか必ずそうなることを
もっと強く強く信じてなかったことに反省しました。



ありスクは何を売っているのでしょう。



ありスクは

その人が深いところで

本当はやりたいと思ってる体験を

する機会を売っていて

ぼくは「それでいい」

と全力で受け止める役割です



あなたのかかりをしましょう
あなたにしかできないかかりをしましょう
そのために
「体験し損ねたマイナス(だと誤解している)の体験」
も一緒にやりましょう





明日、10月30日からはじまる
館林でのリアルありスク
お一人だけ募集しています




きゅうですが
この記事を見て何か感じた方
きっと何かあります。

連絡をお待ちしています。




初日は変えられませんが
初日以外に日程があわなかったら
参加者で話し合いましょう

https://yokayoka-gakuin.com/events/arisuku202110




あなたが本当に深いところでやりたかったこと
それはきれい事じゃなく
だだをこねること
悲しみを吐き出すこと
怒ること
みたいなことかもしれません。



でもそれすら

あなたを構成する大切なあなた



ありスクは深いところにある
本人の「やりたい」を
対価を払うことで気持ちよく行える場です





また、オンラインもあります
12/3(金)
12/17(金)
12/29(水)
時間10時から15時
料金はいま募集しているものと同じです。




ちなみに
1つだけ今回決めたことがあります。



そのやりたいことは
講座内ではサポートとするけれど
講座が終わったらノーサイド




ぼくは自尊感情の低さから
今まで、ありスクが終わっても関わろうとしました
それは依存させてしまうことに気づいたのです。




講座の中だけ



学校が3月までで終わるように……
だからこそ尊いし、意味がある





館林駅にばななが送迎します
どうぞ、ありスクたてばやしへ



https://yokayoka-gakuin.com/events/arisuku202110



素敵な一日を
byばなな


◆ばななせんせいとよかよか学院ホームページ
https://yokayoka-gakuin.com/

◆ばななせんせいのブログ「ばななのかんづめ」
https://ameblo.jp/kobanakun/

website facebook twitter 

No.2144


MailPoet